今日も元気でありがとう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 懇談会。

<<   作成日時 : 2018/07/12 05:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夕方は、幼稚園の個人懇談だった。先週末の大雨警報で中止になったので、遅い時間しか空きがなかった。
息子がいるので、子どもらをるすばんさせて、わたしひとりで幼稚園へ。

到着すると、前の人がまだ待っていた。
よく遊ぶ仲良しのお友だちママだったので、のんびりしゃべりながら待っていた。
わたしが最後だと思っていたら、男性がやってきた。同じクラスの子のパパらしい。先生も長い時間大変だ。


わたしの番が来て「ちゃーちゃん、幼稚園、楽しそうですか?」と聞かれた。

先日、娘が「男の子にひどいことを言われた」と帰宅してから号泣したことがあった。子どもの言うことでも、さすがにちょっといきすぎだと思ったので、先生に事情を聞いて、相手の子と話をしてもらった。
その件についてお礼を言ってから、実はその後も、何人か別の男の子にキツいこと言われたと帰ってきてから話すことがあると伝えた。
内容は些細なことだし、以前同じクラスになったことがある子ばかりなので、だいたい性格も知っている。相手はそんなつもりで言ったのではなくても、娘の受け取りかたで強く聞こえたのではないかと思うこともあった。

問題は娘がその時に何も言えないことだ。
そんなことを言われたら嫌だとか悲しいとか、はっきりと意思表示ができなければ、小学生になった時にもっと困るのではないかと思うのだけど、どうすればいいのか・・・・・・と先生に話した。
とりあえず、自分で言い返すことができないなら、先生に話して、一緒に気持ちを伝えてもらうようにしよう、ということになった。先生にすぐ言いつけるようで嫌だけど、どのようにお友だちに話せばいいか練習しなくてはならないし・・・・・・

内弁慶で幼稚園は言いたいことが言えないのかと思っていたら、そうでもないようで。
先生によると、娘は先生にもはっきり「それは違う」と言ってみたり、お姉さんのように他の子の世話を焼いたりしているらしい。先生に意見するの?意外。それができるのに、なぜ男の子には言い返せない?他人を選んでるのか?
昨年までは、お友だちに世話を焼いてもありがたがられたが、みんなが成長してきて自分でできるのに、娘が母親のように手を出したがるので、煙たがられることもあるようだとのお話だった。
娘も何か言われて傷ついてるかもしれないけど、娘が他の子に何かやっちゃってるかもしれないなぁ・・・・・・

帰ってから、お風呂で先生に言われたことを娘に話した。
「お友だちが自分でできることまでやってない?お友だちをよく観察して、困ってるようなら『どうしたの?大丈夫?』って声をかけてあげればいいよ」
と言っておいた。
相手のためと思って悪気なくやってるのを「やらなくていい」と言うわけにもいかず、なかなか難しい・・・・・・


さて、明日は息子の三者面談・・・・・・
まず「字が汚すぎる」と言われるのは間違いない。後は友だちとのつきあい方か?ああ・・・・・・ユウウツ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
懇談会。 今日も元気でありがとう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる